足をいくら洗っても臭い…その原因は雑菌にあった!【驚愕】

足をいくら洗っても臭い…その原因は雑菌にあった!【驚愕】足の臭い

夏場は足に汗をかくし、冬場はブーツなどを履くと中が蒸れる

足の臭いは一年中気になりますよね。

毎晩石鹸で丁寧に指の間まで洗っているのに、なぜか臭い。

洗っても洗っても足の臭いが消えないのはどうしてなのでしょうか?

洗っても足が臭い原因、何か秘密がありそうです…

足を洗ったのに臭いどうしよう>

靴を脱いだ時にプ~ンと臭う足…

毎晩足洗いブラシに石鹸つけて、指の間までしっかり洗っているはずなのに臭い。

そんな経験、ありませんか?

特に他人の家にお邪魔した時など、足が臭いと焦りますよね。

しつこい足の臭いに悩んでいる人、結構いるようです…

足を洗っても臭い原因はなに?

足の臭いを解決するには、なぜ足を洗っても洗っても臭いのか、その原因を知らないと対処できませんよね!

足を洗っても臭い原因は、ズバリこういうことです!

①足の臭いの原因「イソ吉草酸」は、洗っても落ちにくいから

足の臭いの原因とされる「イソ吉草酸」は、バクテリアなどの雑菌が、汗や皮脂を分解すると発生する脂肪酸の一種です。

このイソ吉草酸は、納豆のにおいを生み出す物質の中にも含まれているので、足からそこはかとなく納豆のにおいしたという経験をした人もいるかもしれませんね。

そして納豆のにおいって、なかなか消えませんよね?

厄介なことに、イソ吉草酸は、非常に落ちにくい物質なのです…

②靴の選択、靴の手入れが悪いから

足は一日にコップ1杯の汗をかくと言われています。

一日中履いている靴の中は、大量の汗を吸ってとても雑菌が繁殖しやすい状態です。

また、特に女性はスニーカーよりもブーツなど、通気性・吸湿性の悪い靴を履く機会が多いですよね。

最近は春にもブーツを履いたり、ブーティのような足全体を覆うようなデザインの靴もあり、ほぼ一年中足が蒸れた状態になりがち。

それに加えてストッキングは、足の汗をほとんど吸ってくれませんので、余計に靴の中は蒸れ蒸れ状態になり、雑菌は繁殖し放題です。

インナーソールをまめに取り換えたり、同じ靴を連日履かないようにするなど、日頃の靴の手入れを怠ると、足をいくら洗っても、足の臭いは消えてはくれません…

③角質の除去をしていないから

足を石鹸でゴシゴシ洗うだけでは、足の角質は落ちません。

角質は雑菌のエサとなってしまうので、定期的に除去する必要があります。

石鹸は使うけど、角質除去のための軽石などは使わないという人も多いかも。

表面だけ洗っても、角質が残っていると雑菌は繁殖し続けてしまうんですね。

④爪の手入れをしていないから

足の爪、伸びていませんか?

手の爪はちゃんと定期的に切っているのに、足の爪は前いつ切ったか思い出せない…

そんな人は要注意!

足の爪が伸びていると、ゴミや垢などがたまりやすくなります。

このゴミや垢が、角質同様に雑菌のエサになってしまうのです。

気付くと長くなっているのが足の爪。

定期的にチェックする癖をつけた方が良いですね。

足を洗っても臭い原因を突き止めたら対策しよう!

洗っても洗っても落ちない足のしつこい臭いの原因がわかったら、早速対策を講じましょう。

目からウロコの方法がたくさん!

①重曹で足湯する!

重曹と聞くと、キッチンのお掃除などに使うものという印象がありますが、洗っても臭いイソ吉草酸の臭いをとるには、アルカリ性の重曹が効果的!

使い方は簡単です。

重曹を手に取って、足の指の間にこすりつけて流すだけでも良いですし、お湯を張った洗面器などに重曹をスプーン1杯程度入れて、足をつける方法も。

お風呂上りに15分くらいやると良いようですが、お風呂に入ったついでにやってしまえばそんなに手間ではないですよね。

②靴の手入れをしっかりする!

同じ靴を連日履いてしまうと、靴の中が常に湿って雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

1度履いたら2~3日休ませて、しっかり乾燥させるようにしましょう。

一日中靴を履いているのはできれば避けた方が良いのですが、仕事がら仕方がない人もいるでしょう。

そんな人は、靴のインソールをこまめに変えるという方法も良いでしょう。

③爪や角質の手入れをする!

角質は、お風呂に入ってふやけたところを軽石などで優しくこすると落ちます。

決してゴシゴシ力を入れ過ぎないようにしましょう。

余計に角質が厚くなってしまいますよ!

足の爪は手の爪より伸びるのが遅いので油断しがちですが、10日に一度くらいはチェックして、こまめに切るようにしましょう。

また、足を洗う時には爪の間などもブラシで洗うようにすると効果的です。

④ミョウバン水を足にスプレーする!

ドラッグストアなどで100g300円程度で購入できる焼ミョウバン。

ミョウバンは、殺菌・制汗・アンモニア臭を中和する働きがあります。

このミョウバン50gを500mlの水道水で溶かしたミョウバン水を、20倍程度にうすめて足にスプレーすることで、足の臭いが消えます!

作ったミョウバン水は1か月ほどもつので、一度作っておけば、毎日簡単に足の臭いをケアできますね!

⑤臭い対策クリームを使う!

足が蒸れていると雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいますので、できれば靴は履きっぱなしにせず時々脱いで通気を良くしたいもの。

しかし、仕事がらそうはいかないという人もいますよね。

そんな人におすすめな対策法が、制汗効果と消臭効果のあるクリアネオなどのクリームや、スプレーを使用すること。

出勤前に臭い予防のために使うという手もありますよ。

足の臭いを消す消臭スプレーの効果は?デオドラント製品タイプ別のメリット・デメリットまとめ

足を洗っても臭い…こんな人は要注意!

足を洗っても臭い原因を考えると、以下のような人は要注意です!

  • 外回りなど一日中靴を脱げない仕事の人
  • ブーツなど足を覆う通気性の悪い靴をよく履く人
  • 足の爪や角質の手入れをあまりしていない人
  • 同じ靴を毎日履いたり、普段靴の手入れには無頓着な人

まとめ

足を洗っても臭い原因、理解して頂けましたか?

雑菌のエサとなる垢や角質をしっかり落とすこと、靴の手入れをすること、臭い対策のクリームを使うことなどなど、対策はたくさんありますが、まずはご自分の足の臭いの原因が何なのか、

しっかり見極めてから対策法を選んでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました